サヨナラの向こう側。サヨナラを留めたリーバイスを再生させる。

ども。サスケです。

いよいよ来週は給料日&夏のボーナス支給日。
なぜかいつも金欠のワタシにとって、否、全国の会社勤めの人間にとって、給料とボーナスはささやかな楽しみ。

就職氷河期と一度(二度?)ブラック企業勤務を経験したワタシにもそんなささやかな楽しみがあっても良いと思う。

給料日とボーナスは来週だけど、半年間結構買いたい物我慢して集中的にサヨナラしてきたし、いよいよバズリクソンズのシャンブレーシャツ(半そで)買いに行っちゃおうかなーーー、と思いましたが、ついでに以前から考えていたこともやろうかと。

いえ、少し仰々しい表現でした。
何て言うこたあない。
単純に、サヨナラをかいくぐってふるいに残ったリーバイスの猛者(もさ)たちをツボさん風な短丈に丈詰めして、今後の活躍を増やそうかと。
ジーパンのリペアは色々と難しそうだけど、丈詰め程度ならわざわざ東京まで行かずとも出来るし。

↓↓こいつらの丈詰め。
CIMG7830.JPG

左は1999年2月製のMADE IN サンフランシスコ カリフォルニア USAのリーバイス911Kです。
記憶が確かならば、2007年前後に購入したと思う。
CIMG7831.JPG
CIMG7832.JPG
CIMG7835.JPG
CIMG7836.JPG
CIMG7839.JPG

ボタン裏555はバレンシア工場らしいけど、サンフランシスコとバレンシアは同じカリフォルニア州ながらも全く別の土地であって、そこはナゾですが、ラベルにはサンフランシスコ製で、ボタン裏は555。
とりあえずUSA製をありがたがるサスケは細かい事は気にせず、今や貴重になりつつあるUSA製のリーバイスをただ所有しているだけで所有欲は満たされています。

90年代中頃からの日本でのジーパン復刻ブームの流れが2000年代初頭には本国アメリカにも及び、本国リーバイスもアメリカ製の復刻を生産していました

初代アメリカ製復刻の501の66モデル(1996年発売だったと記憶)はサスケも手にしましたが、デニムの質とかトホホな作りで。
アメリカ製デニムはイマイチという感想に至って。

そのうちサテン生地の940Bとか復刻発売されて
↓↓これはリーバイスジャパンによる日本製復刻。
CIMG7852.JPG
CIMG7853.JPG

ついでにリーバイスの60年代のデニム以外のヴィンテージ品番(所謂ホワイトリーバイス)を説明すると、
サテンのサード型ジャケットは940で、パンツだと910。
ピケのサード型ジャケットは941で、パンツだと911。
コットンツイル(カツラギ)のサード型ジャケットは840で、パンツだと800、といった感じ。

Bはカラーを表すアルファベッドで、ナチュラル(生成り)がBで、ブラックがGで、モスグリーンがKなどなど。
そして519という品番に統一されていきます。
結構調べるのにエネルギー使った。。。疲れた。。。

詳しくは、↓↓この3冊の左のヤツが詳しかったと記憶。今度長野に帰ったら持ち帰ってリーバイスの品番を復習したい。
リーバイス解説本.jpg
ウンチクの多さもリーバイスの魅力です。

ようやく今回の911Kの説明が終わった。
60年代のピケ素材のモスグリーンの復刻のヤツです。

ついでにもっと書いておく。
上の940Bは日本製の復刻なのですが、当時(90年代後半頃)長野に帰省した際に、長野吉田高校の前にあったジーパン屋(『GIGS』さんと記憶)でアメリカ製の940B復刻を偶然見つけたんですけどね、、、

試着したら、なんとも丈が短くて。。
90年代にはダサいとされた80年代風のシルエットで、、、
「やっぱり復刻は日本製のほうが諸々(生地とかシルエットとか)アメリカ製よりも優れているな。」と再認識した。

そんな諸々があってのアメリカ製復刻の911Kです。

で、やっぱり当時の認識のとおり、アメリカ製のシルエットはイマイチ。
CIMG7837.JPG
太ももが太くて、裾に向かってテーパードなもっさりとしたシルエット。

それに対して、右側の現行リーバイス(とは言え、購入からそろそろ10年弱)のカンボジア製ナチュラルカラーのピケのほう。
CIMG7842.JPG
CIMG7843.JPG
シルエットがシュッとしています。

という以上の2本のピケリーバイス。

サヨナラをかいくぐったので、ツボさん風に短丈で履きこなそうかと思います。

ピケ以外にもチェックのリーバイスパンツ(これらも2000年代中ごろに買った現行もの)のうち、サヨナラをかいくぐった2本もそのうち短丈にして再生させる予定。
CIMG7846.JPG

で、短丈にしたらパラブーツとかと合わせる。
CIMG7849.JPG

ちなみに夏が終わって、秋風が吹き始めたら、同じアメリカ製でも519のコーデュロイはサヨナラの予定。
CIMG7851.JPG
リーバイスのコーデュロイは現行もので充分という結論。

そんな感じで、「サヨナラの向こう側」について書きました。
サスケよりも年上ですが、今見てもきれいな山口百恵さんの『さよならの向こう側』をお聞きください。

↑↑このビジュアルで、この歌唱力。スゲーな、百恵ちゃんは。

今回の記事で、ホワイトリーバイスに興味を持った方。
940Bのサイズ36をヤフオクメルカリで販売しております。
思い入れとかもあるので、格安ではありませんがよろしくお願いいたします。

コメントください。

この記事へのコメント

  • 黒ユズ

    Boonが懐かしいですね、昔買ってました。
    私は中々処分が出来ないのでタンスの肥やしが増えてきてどうしようと思っております。
    たま〜に、5年くらい着てなかった、セントジェームスやラコステが復活(自分の気持ち的に)したりするので、処分できないんですよね。あとリーバイスも。
    ただ、本当に最近はヤバくなってきたのでメルカリ本気で考えようかなと・・・。
    2022年06月19日 13:28
  • サスケ

    黒ユズさん

    記事の写真のBoon3冊のうち、特に左のやつはリーバイスファンとしてはバイブルに近いです。
    記事書いていて、「久しぶりに見たいな。」と思わせるほどの内容で、たぶんヤフオクとかであっても2、3000円くらいかと。

    タンスの肥やし問題は、なかなか難しいですよね。
    5年ぶりくらいに着たくなったりするアイテムってありますもんねえ。

    個人的には安売りはメルカリで、思い入れとかあるのはヤフオクの方が良いと思います。
    ただやっぱり手間なんですよねえ。。
    頑張ってください。

    2022年06月19日 16:03
スポンサードリンク