新幹線が通ったら、福井県のココへ行こう!!

ども。サスケです。

4月から福井県担当になりましたが、先日、仕事の途中で(サボりで)福井県勝山市にある越前大仏なるものを見学に行きました。
↓↓そもそも福井県てあんまり行く機会も少ないと思う(自分でも2年前までそう思っていた)ので、位置の説明。
勝山市.png

その越前大仏が色々な意味で凄かったのでご紹介します。

まあ大仏と言えば有名なのは奈良とか鎌倉ですわな。
福井市にもある(大仏前という交差点は時々通る)らしいので、それはまたヒマを見つけて(サボりで)行く予定。

で、越前大仏ですが、あるのは大師山清大寺というお寺です。

で、このお寺なんですけど、小さな勝山市(失礼)の割に、
↓↓こんなこじんまりとした街なのに。
IMG_20220602_132023.jpg

営業車で街を流しつつ、山の方に目を向けると、立派な大きな塔とか大仏殿(後で知った)が見えて。
IMG_20220602_130724.jpg
IMG_20220602_131621.jpg

「新興宗教か何かの建物なんかな。」と違和感を感じるほどのスケールで。
新興宗教ってやたらと目立つ建物とか何かの像みたいの多いじゃないですか。

お寺のホームページを見ると、きちんと臨済宗妙心寺派と書いてありますが、
昭和62年創建??
寺としてはスゴイ新しいな。

平成14年末に宗教法人として認可??
それまでは何だったん??


なんだかワケアリを勘繰ってしまったワタシ。

こりゃ暇つぶしにはサイコーだな!!と言う感じでお寺参りに。⇐失礼なモノの言い方はお詫びいたします。

五重の塔を目指して、営業車を駐車場(無料!!)に駐車して。

門前町をぶらつくが、、、
IMG_20220602_124257.jpg
人が全然いねえな。。
シャッター街だし。。

我がホームタウン長野のような自然に出来た門前町とは様子が違って、そもそも人工的というか。。。
なんだか集客力が弱いアトラクションに迷い込んだような錯覚。。。

そして進んでいくと、
IMG_20220602_124228.jpg
IMG_20220602_124414.jpg
立派な門が見えて来たぞ。これまたスゲー立派!!

そして拝観料500円をお支払い。⇐スヤい!!と絶対に後で思う。

そして色々と「スゲーな。。」を連発しつつ進む。
IMG_20220602_124502.jpg
IMG_20220602_124632.jpg
しっかし人がいねーな。
IMG_20220602_124702.jpg
IMG_20220602_124749.jpg

大仏殿前広場に到着。
IMG_20220602_124801.jpg

この頃にはすでに例えが古いが、映画『ラストエンペラー』とか『少林寺』のワンシーンに迷い込んだような錯覚を覚えていた。
↓↓ラストエンペラー


↓↓少林寺(イメージに合うのが見つからなかった)


そして大仏殿に入る。
奈良の大仏さんよりも大きいそうです。楽しみだ。
IMG_20220602_125025.jpg

おおお!!デカいぞ。
IMG_20220602_125217.jpg
大きさがイマイチ伝わりづらいですが、大仏の前に置かれている座布団と比較して大きさを想像してください。

IMG_20220602_125300.jpg

大仏様の横や三方の壁面にもたくさんの仏さまのお弟子さんたちの像があって。
IMG_20220602_125349.jpg

壁一面に見えるのは全て仏像です。スゲーよ。
IMG_20220602_125817.jpg

一体一体全て違う姿で。
IMG_20220602_125732.jpg
IMG_20220602_125722.jpg
IMG_20220602_125743.jpg

ラオウとリュウケンが戦いを始めそうな雰囲気。


ヒーリングミュージックなんかも流れていて。
そんな雰囲気の中をサスケ一人がじっくりと、ぐるりと1周。

そして大仏殿を出て、五重の塔に向かう。
IMG_20220602_130724.jpg
IMG_20220602_130918.jpg

IMG_20220602_133032.jpg
この塔。
建設費が26億6000マンと堂々と書かれています。
IMG_20220602_131716.jpg
時は昭和62年。バブル経済の絶頂期です。
バブルの塔と呼んじゃって良いのか悪いのか。。。

この塔だけで上の額なので、このお寺全ての額は100億は下らないのでは。。。
スゲーな。。。

そして所々に立っているこの石碑。
IMG_20220602_133821.jpg

多田清さんという方。
どのような方かと調べてみると、、

福井県勝山市のご出身で。
相互タクシーなるタクシー会社(京阪エリアで有名らしいが、他のエリアの相互タクシーとの関係は知らん)の創業者で、タクシー王と呼ばれたとか。。

三菱の岩崎弥太郎とか、昨年の大河ドラマの渋沢栄一とか、セメント王の浅野総一郎とか、大倉喜八郎とか、その辺りの一大財閥を築いた大実業家のようなお人らしいです。

で、お寺を宗教法人にしたのが平成14年というのも、、、
地元に固定資産税(国税ではなく、地方税です)を支払いたかったかららしいです。。。
スゲーな。。。

ちなみに塔の上からは立派なお城が見えます。
IMG_20220602_132013.jpg

このお城は実は歴史上には存在しなかった立派なお城風な勝山城博物館です。
実は以前大野城に行った際に、こちらの勝山城風な博物館にも立ち寄りましたが、実在しなかったお城ということで特に触れることもありませんでした。

が、この勝山城博物館も多田清翁が建てたとか。
点と点がつながった感じ。

今回訪れた越前大仏ですが、創建間もない頃は、拝観料が数千円したらしいです。
それが今では500円。
ヘタなテーマパークよりもずっと楽しめました。⇐この書き方も失礼。

新幹線が福井まで通ったら、レンタカーでも借りて行ってみてください。福井市からはだいたい30分くらい。
サスケも誰かを勝山に連れてくる事があれば、勿論ここを案内します。

こんな感じで、ただの前説として書き始めたものの、結局本説になってしまった今回の越前大仏のお話でした。
次回、今回書く予定だった本説書きます。

コメントください。

この記事へのコメント

スポンサードリンク