帰って来たアリゾナ。ビルケンはやはり素晴らしいサンダルと実感。

ども。サスケです。

昨日の記事のとおり、アディダスのサンダル(モデル名不明)を職場に持って行って
CIMG7772.JPG

代わりに2代目アリゾナを職場から持ち帰りました。
↓↓現在の状況。
CIMG7784.JPG

あれから概ね2年職場で履いていましたが、靴下を履いての着用だったので、フットベッドの黒ずみ沈着は少なめ。
CIMG7786.JPG


アッパーのダメージも皆無。
CIMG7794.JPG

職場の床はカーペット素材なのに、そこそこアウトソールがすり減っているのは少しナゾ。
CIMG7788.JPG
CIMG7789.JPG

そして早速、自宅にて着用。
これからのシーズンはしばらく裸足で履くので、ストラップもきちんと裸足に合わせて。
CIMG7791.JPG
こうやって地味にサイズ調整が出来るのもビルケンの良い所。
さすがビルケン。

そして、約2年ぶりの裸足アリゾナ。
CIMG7795.JPG

やっぱ良いわ。裸足アリゾナ。
職場で毎日履いていたアリゾナですが、裸足で履くとまた一味違う。

このスエード?のフットベッドが足裏の汗を吸い取って。
足裏はサラサラの感触が長持ちします。

フットベッドの黒ずみは、自身から出てきた足裏汗(汁)なのでしょうな。。
「黒ずみはサラサラの代償」という目で見ると、それはそれでサヨナラの時に思い入れも変わってくるかと。

そして裸足アリゾナをしばし味わいつつ、「アディレッタと比較したらどうなんだろう?」と思いつつ、左アリゾナ・右アディレッタでしばし装着(30分くらいか?)。
CIMG7792.JPG
アディレッタだって悪くはない。
フィット感だって抜群。

けど、ゴム製のフットベッドに熱がこもって。
ぴったりフィットのアッパーの甲部分もわずかに熱がこもる。

そこ行くと、ビルケンはストラップの調整が出来るから、あまりフィットし過ぎるようだったらゆるめにして熱を逃がせる。

サイコーだな。アリゾナ。

↓↓広告。このスペースがベストのアリゾナ広告場所と判断。

↑↑ショッピングサイト名をクリックすると価格が比較できます。


とは言え、アリゾナ(ほかEVA以外のビルケン)には弱点だってある。

それは、水。
フットベッドのスエード(?)だってソールのコルクだって水に弱い。
CIMG7790.JPG
風呂掃除には使えないサンダルです。
もちろん夏の突然の雨にも履けない。。
雨に濡れるとヌルヌル不快になりそう。

そんな感じで、長時間履いてもサラサラだけど水に弱いビルケンと、多少の少、蒸れるけど水に強いアディレッタ。

ビーチサイドやプールサイド、洗車や風呂掃除にはアディレッタ。
けど、海もプールも行く機会に恵まれていないワタシにはアディレッタは手持無沙汰になりそうです。
風呂掃除用に特化させるには勿体ないイタリア製サンダル。

さて、、、
アディレッタを生かす道をどうしようか。。。

コメントください。











この記事へのコメント

  • 黒ゆず

    ビルケンのアリゾナ履いてました。
    昔はビルケンショップに持っていって修理してもらってました。踵の補修やコルク部の補修とか、レザーのアッパーでないとオールソールは高くつくとか言われたような…今はコルク部の白い接着剤販売してないんですよね、便利だったなぁ。
    2022年05月27日 13:47
  • サスケ

    黒ゆずさん

    アリゾナの修理ってお値段いかほどなのでしょうか??

    5,6000円くらいなら修理も考えますが、それ以上なら(多分それ以上だと勝手に想像)新しいのを買ったほうが楽だし、間違いないな、という想像です。。

    最近はコンバースとかニューバランスも修理が可能のようですが、修理代の方が新品より高いとちょっと。。
    修理をしつつ、ずっと履き続けるのって理想だけど難しそうですね。。
    2022年05月27日 18:18
スポンサードリンク