久しぶりにビッグマックを引っ張り出した。

ども。サスケです。

お盆休みはまったりしていますでしょうか?
西日本の皆様は台風にお気をつけて。
帰省中の皆様は新幹線、高速道路の混雑に備えてくださいませ。

サスケは地元密着の人間として、昨日、今朝と夏祭りのスタッフとして参加してきました。
一昨年昨年と同様です。

まずは昨日の朝。
↓↓こんなカッコで祭りの準備。
CIMG3845.JPG
いつものスタンレー履いて、プレンティスのシャンブレーを着て作業。

公民館活動の時って、結局なんだかんだで毎回スタンレーを履いているような。
作業ショーツとして重宝してます。

そして祭り本番は、オリジナルラハイナで参加。
CIMG3846.JPG

これも昨年同様に生ビール担当。
アロハとか着ていると、気分は的屋(てきや)の兄ちゃんです。

で、昨今関心が高まっているプラスチック製品の大量消費問題やらも考慮して「一人1カップ制」を採用。
良い言い方か、悪い言い方かは分かりませんが、単純にゴミを増やしたくないという理由。
後片付けとかラクしたいし。

ビールを求めるオトナの皆さんが来ると、「はい!じゃあ、このカップにこのマジックでサインよろしく!」とサインを書かせる。
「これは自分のカップだぞ!!って分かればいいので。」と説明。

サインを書かない
↓  ↓  ↓  ↓
カップがごちゃ混ぜになって、どれが自分のカップか分からなくなる
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
また新しいカップを求める

みたいなのを止めるため。
けど、この「一人1カップ制」をやっていて思ったのは、2次効果として「名前を書くことで責任感、愛着感を背負わせる」みたいなものもあるのかなあと。

例えば、カップに★とか💛とかのマークを記入しても、「これは自分のもの」というのは分かる。
けど、捨ててまた新しいカップをもらうことに躊躇は少ない。

これに対して、マークではなくてサインとか自分の名前を書いた場合、「これは自分のもの」というのが分かる上に、どうも気軽に捨てる気にはならない。なぜなら自分のサイン、名前が入っているから。
責任感、愛着感が生まれて、人によっては、家にカップを持ち帰る(=会場のゴミも減る)という選択肢もあるのでは。

この「一人1カップ制」なかなか色んな意味でおすすめです。

ビールを注ぐ身としては、もちろん来場される方全員の顔が分かるわけではないけれども、「あれ、このサインさっきも見たなあ。」とか「お!この奥さんもう3杯めだな。」とか分かって面白かったです。


話しは今朝の後片付けへ移行。

急に思い立ったのが、「そう言えば、ここ3年ほどビッグマックのヒッコリーシャツ着てないけど、あれまだサヨナラしてなかったよな。」
10年以上前にアメ横の守屋商店で買ったやつ。

え?守屋商店知らないって?
アメ横センタービル内のスゲー入りづらい雰囲気のあの店ですよ。
と言うよりも、店の中ってあるのか?あの店は。

「何年前からあるんだよ。この商品の山は。」な感じの商品がぎっしりで(上のリンクをクリックしてみましょう)。
「デッドストック」と言えばカッコいいけど、それよりも当時からの売れ残りじゃねえの?みたいな。←サスケの個人的感想です。
ちょっとでも店先の商品を見ていると、おじさんが話しかけてきて。
「ふーん。それなら、これかな。」みたく、店の中からおじさんが商品を持ってきてくれて。

それでいて、取扱い商品はインポート好きには間違いのない珠玉のアイテムばかりで。

そんな守屋の店先で見つけた「ビッグマック」の半そでヒッコリーシャツ。
↓↓タンスの奥から見つかった。
CIMG3847.JPG
CIMG3848.JPG
かろうじてアメリカ製は確認できる。
CIMG3849.JPG
ゆったりめの作りのワークシャツなので、14~14ハーフでもなんとか着れる。

今でも(20年ほど前から)雑誌とかネットで、「昔のビッグマックみたいな」ネルシャツとかが持てはやされていますが、40オーバーのサスケですら、ビッグマックの現役は知らない。
90年代頃には姿を消した?J.C.ペニーのストア系ブランド。
こちらのサイトが詳しいです。

そんなビッグマックのヒッコリーシャツを店先で見つけ、「お!これがビッグマックか。」とまじまじと見ていたら、おじさんが「お客さん、よく分かってるねえ。ビッグマック。」みたいな感じで話しかけてきて(曖昧な記憶です)、そのまま考えることもなく、セールストークに釣られてお買い上げ。

糊が効いてバキバキだったのを洗濯して、そのガッシリとした生地感に「さすがビッグマックは違うねえ。」と思ったものの。

90年代当時のワークシャツだけにシャツインして着るのが前提のため丈が長くて(これはプレンティスも同様)。
「この生地なんで切らないの?」て言うくらいフロントボタンプラケット部分の裏が長くて。

どうにも着づらくて、お直し屋さんで丈を短く、プラケット裏の生地もさっぱりとしてもらった。
↓↓今はプラケット裏はさっぱりしてます。
CIMG3850.JPG
けど、そのガッシリとした生地は暑い夏には不要。
いつしか着なくなった。
サヨナラはしなかったけど。

そんなビッグマックを着て祭りの後のお片付け。

そんな後片付けから帰ってきて、朝からこんな拙いブログを書いております。
今日はこれから姪っ子と一緒に『天気の子』見に行ってきます。

なんか内容が色んな話題に飛び飛びだったな。
疲れた。

コメントください。

















この記事へのコメント

スポンサードリンク