ラギアイ(笑)だからデトロイトではなくボストンにした。。。

ども。サスケです。

1週間ぶりのブログ記事。
ゴブサタな理由は、最近毎朝4時半起きで、夜も寝るのが「遅くとも10時」だから。

早起きの理由?
それは、、、、、、、、

ポン操訓練。。。。。

あなたは知っていますか?「ポン操」なるワードを。

ポン操。
それは、消防ポンプ操法大会(?)の略で、『消防団員が消防技術の向上と士気の高揚を図るとともに、消防活動の充実発展に寄与することを目的とし、迅速、確実かつ安全に行動するために定められた消防用機械器具の取扱い及び操作の基本について、その技術、スピード、士気を競い合う大会』(株式会社ライズさんのHPから一部引用)のことです。。。。

知っている人は知っている。
知らない人は全く知らない。
上の説明も正解かどうかサスケも知らない。
ただ雰囲気はあながち間違いではないと思う。

要するに、分団として5年ごとに参加となる大会に向け、5年ぶりの訓練にほぼ毎朝参加しています。
熱いハートを燃やしながら地域活動の一環として。

これがヤダから消防団には加入したくない、という人の意見にサスケも大いに賛同理解しております。
サスケも好き好んでやっているわけではありません。

良くも悪くも、人との繋がりが濃厚な地域(特に田舎)には、嫌でも参加しなければならない事情があるのです。。。


いつものとおり、前置き(ブログ更新がゴブサタな言い訳)が長くなった。
本題。

今日はコレ⇊が届いた。
CIMG3404.JPG

47と書かれた小ぶりな段ボール箱。
早速箱を開ける。

中身は、、
CIMG3406.JPG
CIMG3405.JPG
CIMG3408.JPG

ベースボールキャップ。

フロントには浮き出るほど立体的Bのロゴ。
CIMG3409.JPG
CIMG3414.JPG

ツバの後ろには47
CIMG3410.JPG

後ろには見慣れたマーク。
CIMG3411.JPG

今回購入したのは、『47』(フォーティーセブンブランド)のカーハートとのコラボ企画の「ボストン・レッドソックス」のキャップ。
CIMG3415.JPG

47は、1947年にボストンで生まれたキャップメーカーで、現在はアメリカ4大スポーツ全てのライセンスを所有しています。
ツバにはMLBのオフィシャルのホログラムシール。
CIMG3412.JPG

かつては『ツインズエンタープライズ』のブランド名で、サスケが店頭に立っていた頃、ここんちのベースボールキャップをお店で取り扱っていました。内心では「なんでうちの店はニューエラ扱わないんかねえ。」なんて思っていましたが。

当時からアメリカ製ではなかったものの雰囲気があるベースボールキャップで、往年の固定ファンがいて爆発的に売れることはありませんでしたが、コンスタントに売れるアイテムでした。

コラボ相手のカーハートは説明不要だと思うので触れない。

で、今回、某雑誌を立ち読みしていたところ、47がカーハートのコラボキャップ(生地がダック)を出していることを知り。
「47てかつてのツインズエンタープライズなんだな。買ってみるか。」となり。

ネットで調べるうちに、このページに辿り着き。
で、どのチームにしようかなとなり。

以前書いた通り(この記事この記事)、「見て誰でもすぐに分かるロゴはパス」な天邪鬼なサスケ。
パッと見てすぐ分かるヤンキース、ドジャース、エンゼルスはパス。

で、残るは47の本拠地ボストン(レッドソックスは松坂大輔が日本での知名度をだいぶ上げたが、カーハートブラウンだとパッと見でレッドソックスとは分からないB一文字が良い)と、カーハートの本拠地デトロイト(デトロイトタイガースのDのロゴがすぐに分かる日本人なんてそうはいない)の二者択一。

話しは若干逸れますが、かつてモータウンとして隆盛を誇り、その後、GMとクライスラーの破綻により失業や犯罪発生率で壊滅的になったデトロイトですが、最近は安い家賃などでテナントが埋まり、オフィスワーカーやらそれらを客にしたフードビジネスで活況を呈しているようですね。



で、ボストンかデトロイトか迷った結果は。。。
ラギアイ(笑)で行くと決めたので、ボストンに決定。

デトロイトタイガースのDのロゴもかっこいいんだけど、デトロイトはやはり自動車産業に従事する労働者が多い「モータウン」のイメージ。

対してボストンは、ハーバードやMIT(マサチューセッツ工科大学ね)を始めとした大学が数多く所在する学園都市なイメージ(実際はハーバードもMITも対岸のケンブリッジに移転)。

ねっ!?
ラギアイ(笑)ならデトロイトじゃなくてボストンでしょ?

で、届いたキャップを被ってみる。
サイズはフリー。
CIMG3413.JPG

ふーーむ。
ナイスフィット。。。

ガシガシ被って、ガシガシ洗いこんでアジ出していきたいです。

良い買い物が出来た。
ちなみにチャイナ製で5184円です。

ラギアイとかアカデミックな雰囲気を求めながらも、毎朝ポン操でブルーワーカー(肉体労働者)のような生活のギャップに戸惑うサスケでした。

コメントください。



この記事へのコメント

スポンサードリンク