家でのあたたかコーディネートのさらに進化版を考え中。

ども。サスケです。

相変わらず寒いです。

先日の記事で書いた家だけでの暖かさ最優先のファッション

一番外に着るアウターは、やはり裏地がブランケットのジャケットが頼もしいんですが、腕っぷしカーターズってカバーオールだからコタツだと、着丈が長くて邪魔。
このブログを書くパソコンはデスクの上にあるので、イスに座って記事を書くときはカーターズでも良いんですけど。。

という事で、最近はコタツでカーターズの代わりとなる、『裏地がブランケットの着丈が短いジャケット』が気になって探しています。

裏地がブランケットのジャケットで最も有名なのは、LEEのストームライダー。
ミスターも愛用する名品。ミスターは自身の執務室にストームライダーのイラストを飾るほど愛してやまないようです。
↓フリー&イージー2007年10月号
CIMG2027.JPG
CIMG2026.JPG
CIMG2031.JPG

ミスターはジージャンはリーの101Jを愛用している様子。
CIMG2025.JPG

サスケも過去に2度ほどストームライダーを手にしましたが、2度ともサヨナラしました。

1回目の初ストームライダーは90年代後半に代官山のリアルマッコイズで購入したもの。
35000円程しましたが、サイズミスでした。
当時はジージャンは36がマイサイズでしたので、36を購入しましたが、裏地にブランケットが張られているため、着ているうちに「どうもきついね。38を買うべきだったんだな。」となってサヨナラ。

2回目のストームライダーはアメリカ旅行で訪れたサンフランシスコの対岸の街バークリーの古着屋でゲットしたもの。
ラベルなどから読み取るに60年代のもの。
状態があまり良くないものの、12000円程度だったので、「買わずに後で後悔するくらいなら。」とゲット。
けど結局、裏地のブランケットのダメージやら、人が着込んで色落ちしたものがどうも自分の型に合わずサヨナラ。

↓広告・リーのストームライダー

↑ショッピングサイト名をクリックすると価格の比較が出来ます。

前の記事でも「また着たい」とは書いているものの、部屋で着るにはスリムなシルエット(中に着込むとパンパン)だし、今さら外で着るのも気恥ずかしい。
某オークションサイトで入札してみたものの、人気商品のため、そこまで出したくないなあ、というお値段になってしまった。

ストームライダーは候補から外した。

次に考えたのが、カーハートのデトロイトジャケット。
L.L.Beanのフィールドコートを購入するときも候補として挙げていました

↓広告・カーハートのデトロイトジャケット

↑ショッピングサイト名をクリックすると価格の比較が出来ます。

カーターズと同じくダック生地で、アメリカにおいては、リアルガチワーカーも愛用するバリバリのワークウェアだけに、スリムシルエットとは無縁のシルエット。
腕っぷしカーターズに負けず劣らずのぶっといアームホール、腕回り。

悪くない。これポチっちゃおうかな、と購入寸前まで行きましたが、「やはりこのシルエットだと、外に着て行くのは厳しいな。これに1万数千円払うのってどうなんだろ。」と怖気づきました。

ちなみに今日、街の古着屋へ行ってデトロイトジャケットを探してきました。
安く売ってりゃ買うつもりで。

デトロイトジャケットは見つかりませんでしたが、面白いアイテムを発見。

Made in USAのディッキーズのダックジャケット。サイズはマイサイズのS。

下の広告のジャケットが近い。
↓広告・ディッキーズのダックジャケット。

↑ショッピングサイト名をクリックすると価格の比較が出来ます。

値段も4000円ほど。
テンション上がって、「これいいじゃん!!」となり、試着してみたんですけど、結果が残念でした。

やたらとウエスト部分が何故か細い。。。
ウエスト80センチもないくらい。ジッパーを閉じることも不可。
悪い意味でアメリカンな作りでした。。

ストームライダーもダメ。
デトロイトジャケットもダメ。

お金さえ無尽蔵にあれば、ゆったりとしたボックスシルエットのリーバイスのセカンドの裏地ブランケットバージョン『517XX』とか欲しいですですけど、最初から無理なお値段。
部屋着に数万円も払えない。
↓これの裏地ブランケットバージョンが517XX。
CIMG2030.JPG

とすれば、ウエアハウスとか東洋とかマッコイズとかのレプリカメーカーのものか。。
いやいや、それはそれでいいお値段。

じゃあ、マイナーなワークウェアブランドのビンテージもの?
それもお値段がいい感じでムリでしょ。

年代が最近のものだと安いけど、デニムはトホホデニムだからダック生地一択か。


と、あれこれ考えて辿り着いたのが、コレ↓のデニムバージョン。
CIMG2028.JPGCIMG2029.JPG
ラングラーのボアジャケット。ブランケットではなくボアで。
使い勝手の良さはすでに何度も紹介済みです。

ただし、現在愛用中のコーデュロイだと、コタツで寝返り打つのが大変。
コーデュロイは摩擦力が高めです。

サイズもワンサイズ大きめにして。

↓広告・ラングラーのデニムボアジャケット

↑ショッピングサイト名をクリックすると価格の比較が出来ます。

けど、これだって16200円かーー。。。

結局グルグル回って結論を出せずにいます。

しばらくはまだまだカーターズだな。

コメント下さい。







この記事へのコメント

スポンサードリンク