サスケ アラフォーにして初体験。。食わず嫌いはダメです。。

ども。サスケです。
更新も結構久しぶりな感じです。

仕事忙しすぎ。。。
ページビューもカクーン。。。

最近伸び悩みを感じています。
3か月、記事100本がブログの今後の伸びを占うそうですが。。。
サスケブログ『物欲が止まらねえ。。』はこのままな感じなんでしょうか。。。

愚痴はこのくらいにして昨日のお話し。

サスケはアラフォーにしてとうとう初体験してしまいました。

初体験はいつもホロ苦いものですが、今回は違った。

サスケが初体験したもの。。

それは。。。。。



なんと。。。。


『宝塚歌劇団』。。。。


別に前から興味があったわけでもないんですけど、色々とお付き合いというものが大人にはありまして。。

こんなカッコで東京・有楽町の宝塚劇場に行ってきた。↓
CIMG1186.JPG
1、キャップ
いつものエベッツフィールド。何度も何度も登場してます。
ウール素材のキャップは春夏でもいいんでしょうか?
けど、やはり形が良い。しっくりくる。ジャケットにもハマる。上品。
このキャップはホントに良い。

2、シャツ
ギットマンビンテージのマドラスチェックのボタンダウン。
マドラス素材がいかにも春夏で好き。着用はこの時期限定。このチェックも好き。
と言っても、3/19しか着てないですね。

3、ジャケット
あんまりジャケットって着ないんですけど、さすがにTシャツ、短パンでは劇場に行けない。
『宝塚歌劇団』に対してのリスペクトを示したつもりです。
CIMG1187.JPG
ROUGH&TUMBLEラフアンドタンブルというブランド。
詳しくは知りませんが、コダワリのセレクトショップ『ネペンテス・ニューヨーク』がプロデュースするブランドのようで。ポケットの内側にはしっかりとネペンテスのタグ。
CIMG1188.JPGCIMG1189.JPG
ネペンテスNYと言えば、敬愛する鈴木大器さんですよ。

コットン100%なので、気軽に着れるし、取り扱いも楽。
どうしてもジャケット着用がふさわしい場面などで活躍。
あまりジャケットを着ない(サスケのような)人にもおススメ。
持っておけば、いざという時の備えになります。

4、パンツ
いつものオフホワイトのリーバイス・ピケ
これも『宝塚歌劇団』に対するリスペクトの一種なのかも。
履き古したデニムとか軍パンとかリアルガチワークパンツとかは大人として相応しくないのでは?

5、シューズ
最近職場でも休日でも出番が多いパラブーツのランス。
マジでイロチ買いしたい。お金さえあれば
コレが↓                     こうなって↓
CIMG1084.JPGCIMG1113.JPG
こうなった↓
CIMG1190.JPG

6、バッグ
FILSONフィルソンのジッパートート。
これもホントに便利なアイテムです。カッコいいし。
フィルソンラブはすでに書いた通りです。
↓広告。サスケ愛用のフィルソンのジッパー付トート

↑ショッピングサイト名をクリックすると価格の比較が出来ます。

で、肝心の初体験の感想です。
ハマりはしなかったけど、ハマる人の気持ちは充分理解できました。
男役の人の圧倒的な声量と歌唱力とか、贅沢な衣装とか、生演奏(ステージの下にオーケストラが居るのかな?)とかさすがプロって感じ。安くないチケット代金を払っても余りある。

一度は体験しておいた方がいいと思います。

それと、会場を見ていて気になったのが、先ほどからサスケが記事に書いているとおり、大人なのにプロに対してリスペクトを払っていないお客さま(要するに上下で短パン、Tシャツ)が居ました。
どうしても短パン、Tシャツが好きならば、その上からジャケット着てみてください。

短パンの上のジャケット。
Tシャツの上のジャケット。
軍パンの上のジャケット。
ワークパンツ上のジャケット。
着こなせていればかなりおしゃれだと思います。

食わず嫌いはいけません。

コメント下さい。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク