オリーブ繋がりでアイツを書こうとしたけど。。。どんどん脱線。。。

ども。
昨日は支店長が我が営業所にいらっしゃいました。
当然のことながら、夜は飲み会。

それを言い訳に昨晩はブログアップ出来ず。。

1、ライトニングを立ち読みした。
今日コンビニで雑誌『LIGHTNING』をさらっと立ち読みしました。どこぞのバイヤーさんが夏のバイイングではベトナムパンツを、冬のバイイングの時はM-65パンツを履いていると紹介されていました。

ライトニングはサスケも90年代中頃まではちょいちょい購入していました。
この頃↓
CIMG0912.JPG

今は立ち読み程度。
サスケの求めている内容とちょっと違う。。
『FLATHEAD』フラットヘッドとかサスケの住む長野発のブランドだから、応援する気持ちはありますが、サスケの好きなブランドとはちょっと違う。。

2、長野発のブランド『フラットヘッド』
サスケも昔はフラットヘッド創業者の小林昌良さんの経営するお店『デザートヒルズマーケット』で、ビンテージのリーバイスファーストやら501の66モデルやらダナーライト(2000年頃発売のダナーライト20周年記念モデル・その年に定価が39000円から42000円に)やら買いましたよ。
オークションでサヨナラしましたが写真が残っていました。
ダナーライト20周年.jpgダナーライト20周年(2).jpgダナーライト20周年(3).jpg
リアルマッコイズのスティーブマックイーンのホンダ・エルシノアの箱入りスエットとか。
ビンテージ物のリペアとかもしてもらったし。

しっかし、小林さんはやり手ですね。
ホームページを今見てみたら、直営店を全国に展開しているじゃないですか。

今でも夏とかに古いアメ車のオープンカーとか長野の街で見かけると、「ひょっとして小林さん?」とか思います。
これ書きながら、昔、長野ローカルでフラットヘッドのテレビCMやってたの思い出しました。

全盛期には長野駅周辺で小林さんの経営するお店って3店舗くらいあったと思うんですけど。
長野も昔は色々なお店がありましたよ。MADE IN USAを売るお店が。。
今はみんなネットでお買い物だから、お店の数が減ったと思う。
実店舗だとユニクロさんの出店ばかり。

3、長野の懐かしのお店。
(1)倉石寛三商店(クラカン)
1Fはアメカジ。2Fはボンタン、短ラン。
今考えるとすごいミクスチャー。。
501のユーズドとか売ってた。サスケはVANSのSK8のハイトップ(もちろんMADE IN USA)をここで買った(12000円くらいだったかな?)。

↓広告・バンズのハイトップ・今はやはりABCマートさんが在庫が豊富なのかな。

↑ショッピングサイト名をクリックすると価格の比較が出来ます。

CAL CRAFTとかいうブランドのアメリカ製のボアジャケットとか。
CAL CRAFTでググってみたら、結構普通にボアジャケットとか出てきた。今でもブランド自体はあるようです。
ちなみにサスケが中学生の頃、死んだ祖父さんと善光寺参りか何かに行ったとき、道をすれ違ったおじいさんと一言二言挨拶を交わし、「今のがクラカンだ。倉石寛三な。」と説明を受けました。
クラカン4代目さんはサスケよりも年上。なんか年齢の計算が合わない感じ。

(2)ジャンクハウスイースト
サスケが15年ほど前にマーモットを買ったお店。サスケが高校生の頃、店を仕切っていた長髪のお兄さんがサスケの履いていたLEVI'Sリーバイス505を見て「501じゃないとダメだよ。」みたいに軽く怒られた。
また、「VANSは取り扱わないんですか?」と今考えるとすごい失礼な質問をしたら(お店の人はすごい考えて次期シーズンやら取り扱うブランドの仕入れ計画をたててます)、「君はスケボーやるの?やっているような恰好じゃないけど。スケボーやらないのにVANS履くの?」とスゲー皮肉を言われた。
東京でいうところの原宿プロペラとか今でもある渋谷バックドロップの店員さんとか昔は怖かった。。
このお店はアウトドアブランドがメインで、REDWINGレッドウイングのアイリッシュセッターを多数取り扱っていた。
↓広告・レッドウイングのアイリッシュセッター。

↑ショッピングサイト名をクリックすると価格の比較が出来ます。

VANSなんて全然お店のコンセプトと違っていた。
結局、VANSはクラカンで買った(そのVANSも高校卒業の時にロッカーの上に放置してきた。勿体ない。まだ履けた。)。
サスケは金もないのに、見に行ってた。狭くて少し怖かったけど、いいものが沢山ありました。
ジャンクハウスウエストは今でもあります。

(3)ウォークはやしべ(ファッションビル)3F ポイント、ロードス、ウェットマン
J.E.MORGANモーガンの長袖サーマルとか
CIMG0913.JPG
以前の記事の並行輸入のリーバイス501(4900円か5900円だったと思う)とか、L.L.BEANとかCarharttカーハートの100周年(1989年)モデルのぺインターパンツ(7000円くらいだったと思う)とか。
CIMG0914.JPG
SOFFEソフィのコーチジャケットとか。最近コーチジャケットはリバイバルで人気再燃中。
Wigwamウィグワムのニットキャップとか。
サスケもココんちのサイプレスソックスはかなり愛用。←いずれ記事に。←2017/6/13アップ済み。
ウィグワムのニットキャップも10代の頃にかなり愛用しましたが、今でも売っているのでしょうか?
CIMG0915.JPG
ファッションビルということで非常に入りやすい雰囲気。金がなくても全然見に行けた。
(4)ヒルツ
CAMBERキャンバーのモックネックシャツとかWOOLYPOOLYウーリープーリーのニットとか、ジョンウェインのプリントT(REDWOODのタブだった)とかFULLCOUNTフルカウントのジーンズとかPHERROW'Sフェローズのパーカとかサスケはここで買った(アメリカ製ではないが)。
1993年頃にadidasアディダスからSL76の復刻(スロベニア製)が発売されたとき、お店のディスプレイにオリジナルのSL76が飾られていた。お店のお兄さんとお話をしたら、雑誌ポパイを創刊号から持っているというお話を伺った。何か月か前にPOPEYEが創刊号をそのまま付録にして出版されましたね。あれってすごいことだとサスケは思います。実物見たことなかったので、速攻で買ってむさぼり読んだ。
CIMG0933.JPGCIMG0934.JPG
左のページ右上のグリーン地に黄色の三本線がSL76ね。
ポパイの創刊号やらSL76の発売が1976年だから、そのお兄さんが15歳くらいだったとして今は50代後半くらいかー。
このお兄さんの影響で、ナイキのコルテッツとか買った。スター商会で(長野の人にはおなじみのガチのスポーツ用品店)。
(6)コックス
たぶんチェーン店だったと思う。Hanesヘインズの赤ラベル3枚パック(もちろんアメリカ製・1800円くらい?)とかChampionチャンピオン(これももちろんUSA製・7000円くらい?)のスエットとか買った。
(7)パメラ
途中から古着メインになった。チャンピオンのリバーシブルTシャツとかSTARTERスターターだかMajesticマジェスティックのベースボールシャツとか古着屋ならではの低価格でした。
古着屋になる前は、OSHKOSHオシュコシュの生成りぺインター(6000円くらい?)とかPOINTERポインターのヒッコリーのカバーオール(これも6000円くらい?今じゃ13000円くらい)とか買った。
CIMG0916.JPGCIMG0917.JPG
ポインターの紙タグは最近の物。
(8)ジェイストック
ジャンクハウス系列店。まさかの大復活を遂げたMA-1(ALPHAアルファじゃなくてSPIEWAKスピワック)をここで買った。
CIMG0918.JPG

他にも所謂ジーパン屋のキングとか。
長野の人(しかも35歳以上)にしか分からないネタを長々と失礼しました。

4、90年代のライトニングに話を強引に戻す。
表紙にはTOTAL CONCEPTER所 ジョージ 巻末にはPUBLISHER小野里 稔とあります。

所さんは当然皆さんご存じだと思いますが、小野里さんは以前書いた記事の『Free&Easy』編集人となっていますね。

最初は全然存じ上げていなかった方だったのですが、サスケは小野里さんの関わる雑誌結構好きのようです。

今は『Free&Easy』を突然休刊して『HailMary Magazine』なる雑誌を発行されておりますが、サスケのフリイジ愛は以前書いた記事のとおりです。
復刊を心からお待ちしております。

いやー、今日は書いているうちに気分が盛り上がって長野ローカルの話題を延々と失礼しました。
長野盛り上がって欲しいです。

年取ってくると、「昔のことはよく覚えているのに、昨日の夕飯覚えてない」とはよくぞ言ったもの。
サスケも昔の事覚えてい過ぎだわ。

今回の記事については、特に長野の方、同世代の方コメントください。
DSCN0998 - コピー.JPG

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク