Mr.Ralph Laurenラルフローレン氏の世界観を生み出すアメリカンプロダクツたち。バロンズハンターから広げる。

快晴の青空でしたが、久しぶりに家でまったりとくつろぎました。
サスケです。

サスケもこのブログを始めてだいぶ生活のサイクルが変わってきました。
今はブログに広告を載せるためにいろいろ試行錯誤しています。
難しい。。

さて、昨日の記事でラルフローレン氏の信頼を寄せてきたそれぞれのメーカー(今じゃ立派なブランド)のいくつかに触れましたが、今日はラルフローレン氏が実際に愛用しているアメリカンプロダクツの数々についてコメントやら所感などを述べていきたいと思います。

参考にしたのは現在残念ながら休刊となってしまった雑誌『Free&Easy』フリーアンドイージーNo.108号(2007年10月号)。
CIMG0856.JPG
世界初!ラルフ・ローレンと作る一冊となっています。
読み応え充分!!氏のサクセスストーリーやら2007年現在の氏の展開するブランドやらお店の紹介など。

その中で氏が実際に日常着や生活具として愛用するアメリカ生まれのヴィンテージアイテムが紹介されています。

具体的な愛用品
・LEVI'S リーバイス501
特に説明不要。ファッションに興味ある人なら誰しも知っている銘品。
CIMG0861.JPG
写真はサスケも愛用している501の66モデルのタグ。

・LEE STORM RIDER リー ストームライダー
ストームライダー以外にもブランケットなしの101Jを愛用している氏のプライベート写真を見たことがあります。
サスケもこの冬カーターズを購入する際に選択肢には上がりました(ビンテージ、レプリカ両方)が、家の中だけで使用するものとしては割高。けど、財布に余裕が出来たらまた買いたい。単純にかっこいい。

↓広告・リーのストームライダー

↑ショッピングサイト名をクリックすると価格の比較が出来ます。

・CARHARTT COVERALL カーハート カバーオール
使い込まれたブラウンダックが使い込まれて洗いこまれて白っぽく色落ちしています。しつこいけど、サスケのカーターズもここまで着倒したいものです。
写真はFree&Easyから転用したもの。
CIMG0862.JPG

・NEWBALANCE ニューバランス 1300
サスケも高校生の頃だったか、雑誌でニューバランスの1300について1985年のオリジナルは定価が39000円だったとかラルフローレン氏が「まるで雲の上を歩いているよう」とのコメントをしたとかを見て、「いつか買ってやる。」と思い、1995年の復刻をたしか27000円だかで買いました(新宿のすずちゅうだったかな)。
しかし、移り気なサスケは当時流行っていたレッドウイングのアイリッシュセッターやらアディダス、ナイキ、プーマのスニーカーばかり履いて、いつしか1300は下駄箱の肥やしに。。
気付いたときは初体験の加水分解。。。
オークションでジャンク品として出品し、1000円程度でサヨナラしました。
私感ですが、1300は買ったら徹底的に履く人でないと、コスパ悪いと思います。
長期間放置するとサスケの様に加水分解してしまいますので。。。
ただ、履き心地は確かに良かった。

↑ショッピングサイト名をクリックすると価格比較が出来ます。

・TONYLAMAトニーラマ ウエスタンブーツ
中々ファッションで履きこなすのはハードルが高い印象。。
イケメン以外はスルーが正解かも。
氏はニューヨークの喧騒から離れたコロラド州のRRL牧場で履きこなしているのでしょうか。
サスケは履いたことありません。

・L.L.Beanエルエルビーン フィールドコート トートバッグ ビーンブーツ
サスケも現在進行形で愛用しているフィールドコートは氏も愛用しているそう。サスケは雪かきですが、氏は牧場で愛用しているのでしょうか。
ビーンブーツは2007年のブランドテーマ「シューティングパーティー」のコーディネートで使われています。
コレ(雑誌フリーアンドイージーから転用)↓
CIMG0857.JPG
このコーディネート見たときは衝撃が走りましたよ!!
クラシックハンティングスタイルとでも言うのでしょうか?ウールパンツ、ウールベスト、首元にはボウタイで、足元にビーンブーツを持ってきます!?カッコいい。。。
けど、真似出来ない。
ただし、これ見てサスケも慌てて買い直しました。
ビーンブーツはサイズがデカめなので、記憶が確かなら確かコイツはレディースサイズだったような。
氏のようなコーディネートは真似出来ませんが。。
CIMG0859.JPG

・ミリタリー物 L-2B(MA-1の夏季バージョン)とかCPOシャツ
氏は特にレザーのフライトジャケットがお好みらしいです。


その他、メーカーに別注をかけたアイテムとして
・DANNER ダナー マウンテンライト
以前ポロスポーツブランドで別注モデルを作ったそうで。サスケも愛用しています。
靴紐を赤にして、例のポストマンのインソールが敷かれています。
CIMG0863.JPG

・CHIPPEWA チペワ エンジニアブーツ
1993年RRLストアで別注をかけたそうです。
実はサスケのエンジニアブーツデビューはレッドウイングではなく、チペワ。
高校の時に神戸を訪れる機会がありまして、高架下のお店で確か24000円だった気が。
デビューがレッドウイングではなかったことにチョットだけコンプレックスがありましたが、目の肥えたミスターが別注をしたことを知って、サスケもまんざらでもない気分です。
ブーツはオークションではなく、フリマでサヨナラしましたが、紙タグが残っていました。
CIMG0860.JPG
つらつらと書いてきましたが、このブログで紹介するようなアイテムを知っていけば、また違った形でラルフローレン氏の洋服を楽しめると思います。
そのワンポイントって絶対に必要ですか?

CIMG0856 - 2.JPG

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク